hanpoong pharm
  • 서브비주얼 1
  • 서브비주얼 2
  • 서브비주얼 3
customer service center
oem & odm

疾患別 医薬品

HOME > 製品紹介 > 疾患別 医薬品

10大疾患別韓方処方用薬分類

風邪疾患用薬

風邪は韓方医学では、傷寒という病名で代表されるが、「人は寒に傷つくと発熱する」は、内径の基礎理論から始まります。伝統的に韓国語で、コプル、感昌と呼ばれる風邪は、人の体質や原因によって症状に軽重があり、通常、鼻かぜと疲労風邪に区分される。一般的症状として、くしゃみ、鼻水、咳、悪寒、発熱、頭痛、筋肉痛、四肢関節の痛みが発生し、長くなると食欲減退、虚脱、自汗と共に気力が衰えます。韓方の治療法として発汗解表、粗風散熱、清熱解読などを使用して、場合によっては歩行を兼ねる。

      生産 医薬品

  • 葛根湯(袋)
  • 葛根湯ガチョングンシニ(袋)
  • • ノズコ錠
  • • ドラコSカプセル
  • • ディプコル
  • • マックグロン(袋)
  • • ビエムクルカプセル
  • • ビットコル錠
  • • サムソウム100袋
  • • 小青龍(袋)
  • • リゲロン(袋)
  • • エックスコルプラスゴールドカプセル
  • • エックスコル顆粒
  • • ウンギョ散エックス顆粒
  • • 咽喉シン
  • • ペドク散(袋)
  • • ヒャンガムカプセル
  • • ヒョンゲゲロン(袋)

循環器用薬

循環器用薬は、韓方で理気薬類(詰まった気を通して血行を助ける)と活血薬類(血液の中の凝血と盛り上がりなどの血行を妨げる病理物質を除去し血行を助ける)に属し、血行をスムーズにすることで、詰まった経を通し(通経)、凝血を削除して(散瘀)、痛みを止め(止通)、むくみを鎮める(消腫)などの効能を通して、月経不調、打撲傷、手足の凝り、しびれ感の症状と心血管疾患と脳卒中などの脳血管疾患に応用される。

      生産 医薬品

  • • ゲリ湯丸(ケジボクリョンハン)
  • • ダンスロン(湯ギス散)
  • • メノクイーンカプセル
  • • プンサ丸(コプンジボ湯)

呼吸器系用薬

呼吸器系用薬として使用される韓方薬は、痰をほとんどなくし、咳を止める止咳平喘薬類に属する。また、水の源である肺を滋養することで、肺機能を円滑にする補陰薬類もやはり、呼吸器系用薬に該当する。

      生産 医薬品

  • • マックグロン(袋)
  • • ジチョン丸(袋)
  • • ジペクト細粒(袋)
  • • チョンペ湯エックス顆粒

解熱鎮痛消炎

解熱・鎮痛・消炎効果に相当する韓方薬剤と処方は非常に多様である。止痛薬類(鎮痛)、解表薬類(解熱)、清熱解毒薬類(抗炎症)、利水消腫薬類(消炎)が代表的な解熱・鎮痛・消炎効果のある薬類だが、痛みや発熱、炎症の原因と患者の体質に応じて去風湿薬類、温裏薬類、利気薬類、活血去瘀药類、開竅薬類、補益薬類などが全て、応用されている。

      生産 医薬品

  • • コチ丸
  • • ゲリドン丸(桂枝茯苓丸)
  • • グリドン(芍薬甘草湯)(袋)
  • • ダンスロン(袋)
  • • モドゥペン錠
  • • ミュセン丸
  • • サムチル散(袋)
  • • ソギョンファルヒョル湯(袋)
  • • ユロペン錠
  • • タクソウム(袋)
  • • フロンクノンカプセル
  • • フロンクノン(錠)
  • • フロンクノン(袋)

消化器系用薬

脾臓と胃の消化機能を助けるために使用される薬類として、韓方では主に芳香化湿薬類(脾臓と胃に停滞した湿と痰を除去することにより、消化機能を助ける)と直接的に食物の消化を助ける消食薬類が消化器系用薬として応用される。

      生産 医薬品

  • • ガスキ丸
  • • グリンクル丸
  • • バンサシン(袋)
  • • ソシオン(袋)
  • • アルシル散
  • • アルシル散錠
  • • オルガ顆粒(袋)
  • • チョンクル顆粒
  • • クルメン丸
  • • ピョンセン丸(袋)
  • • ピョンセン丸F

腸疾患(下痢・便秘)用薬

腸内の水分代謝や恒常性の不均衡に起因する腸疾患治療のために使用される韓方薬で、主に小腸と大腸のぜん動運動を増やすことで、便秘を治したり、反対に温中止写(暖かい機運で腸の筋肉を弛緩させ、痛みと下痢を止める)の効能で下痢を治療する効能を持っている。

      生産 医薬品

  • • グッドモーニングF顆粒
  • • ソルペリンF
  • • チジレ顆粒
  • • ピョンジャン丸

    肝疾患用薬

    韓方で使用される肝臓疾患用薬は、主に肝臓に蓄積された毒性を除去し、毒性物質が原因で発生した肝熱)と肝風を削除し、清肝息風の効能を持った薬剤が応用される。また、肝淫と肝血を補う補陰薬類もやはり、肝臓疾患用薬として応用される。

          生産 医薬品

      • • ソシオン(袋)
      • • プラス顆粒

      皮膚アレルギー用薬

      韓方で使用される皮膚アレルギー用薬は、主に清熱薬類、去風湿薬類と補陰薬類で、血中に蓄積された熱毒をなくし、皮膚と内蔵の風湿をなくし、補陰効能で皮膚を潤すことで、皮膚のそう痒感とアレルギー反応抑制に役立つ効能を通して皮膚アレルギー用薬として応用される。

            生産 医薬品

        • • グリンビ
        • • シッペ散(袋)
        • • ジミンカプセル

        神経系用薬

        韓方で使用される神経系用薬は、安神薬類に該当し、主に韓方で精神科領域に該当する臓器である心臓に対する薬性を現す薬剤である。心血虚、心気虚、あるいは心臓に火気が旺盛で、心が不安で睡眠が平安にできず、ひどければ癫、癇、狂症に至る症状を治療する薬剤として応用される。

              生産 医薬品

          • • スンシム
          • • ヘドリン(袋)

          滋養強壮

          韓方で滋養強壮用薬は、補益薬類に該当し、主に韓方でいう虚症を治療する薬として大きく形質の欠乏を治療する補陰、補血薬類と機能の衰弱を治療する補気、補陽薬類に分けられ、主に過度のストレス、療法の不均衡、過労、老化などが原因で発生する気と血、陰と陽の不足による諸症状(肉体疲労、無気力、体重減少、食欲不振、頻尿あるいは尿量減少、物忘れ、貧血、めまい、息切れ、冷や汗など)を治療する。

                生産 医薬品

            • • メノクイーンカプセル
            • • バイオパワー錠
            • • バイオパワーカプセル
            • • ビタクイーン
            • • ストレッチ丸
            • • ヘクサロン丸
              hanpoong pharm

            Company: Hanpoong Pharm. Co Ltd,. / CEO: JO, INSIK / Phone: 82-2-6909-5100  FAX : 82-2-583-8584

            Address: 100 Hyoryeong-roSeocho-gu, Seoul (Bangbae-dong)

            Copyrightⓒ HANPOONG PHARM & FOODS Co, Ltd,.  All rights reserved.